Chrome事始め2 初心者編

Chrome

Chrome事始め1 超初心者編

上の記事で、ChromeでWebサイトにどのようにアクセスしてサイト表示するかを説明しました。

ここでは、もう少し便利にWebサイトを見ていける機能を説明していきましょう。

タブ(Tab)

言葉だけでは分かりにくいので、下図をご覧ください。

赤枠で囲った部分を「タブ」といいます。

ノートでは見たいページを素早くめくれるように取り付けた小さな紙片のことで、インデックス(インデックスタブ)と呼んでいます。

一方、コンピュータではノートにインデックスを付けたような画面上の出っ張りをタブと呼んでいます。

このタブは表示画面をノートの1ページと見なして表示画面を切り替えるためにあります。

キーボードにも「Tab」キーがありますが、全く違うものですので混同しないようにしてください。

タブには、対応している画面の名前が付いています。

いま表示されているGoogle検索画面のタブ名は「Google」となっています。

新規タブの作成

Googleタブの右隣の赤枠部分をクリックしまと、

「新しいタブ」という名前のタブが作成され、それに対応した画面が表示されました。

  

「Google」と「新しいタブ」というタブの色が、白色と灰色になっています。

交互にタブをクリックすると、白色/灰色に色が替わります。

それに連れて、タブが白色になった方の画面が表示されます。

ちょうど、ノートのページに付けたインデックスタブをつまんでページを開く感覚で画面を切り替えることができるということです。

 

さらに赤枠部分をクリックすると、

タブが追加され、それに対応した画面が表示されました。

タブが3つありますが、3つの画面が重なった状態にあるということです。

下手な絵ですが、こんな感じでしょうか。

重なった画面を少しズラして書いています。

白くなったタブに対応した画面が、一番上に表示されています。

クリックしたタブに対応した画面が一番上に来る感じです。

灰色のタブに対応した画面は、一番上の画面の下に来て見えない状態となります。

タブを利用してWebサイトを切り替える

では、それぞれのタブ画面に3つのWebサイトを表示してみましょう。

1つ目のタブ画面には、Yahoo: https://www.yahoo.co.jp
2つ目のタブ画面には、Googleニュース: https://news.google.com/news
3つ目のタブ画面には、MSN Japan: https://www.msn.com

を表示させます。

まず、1つ目のタブをクリックし、タブの色を白色にします。

そして、アドレスバーに https://www.yahoo.co.jp を入力し、Enterキーです。

続けて、2つ目のタブをクリックし、タブの色を白色にします。

アドレスバーに https://news.google.com/news を入力し、Enterキーです。

3つ目も同様に、https://www.msn.com にアクセスしてサイトを表示させます。

結果、

上のように、それぞれのタブに対応した画面に3つのサイトが表示されました。

タブ名もそれぞれの画面に対応した名前に変わっています。

タブをクリックして切り替えていけば3つニュースサイトを比較しながら見ることできます。

便利ですね。

タブ画面の削除

もし、いらなくなったタブを消したいなら

それぞれのタブ右側にある × をクリックすれば、そのタブを消すことができます。

タブを消すとともに、そのタブに対応した画面もなくなることになります。

タブが1つだけの場合、× をクリックすると Chrome自身が閉じてしまいますので注意してください。

Google検索時にタブ画面として表示させる

例えば、奈良へ旅行に行きたいので「奈良」を検索したとします。

上のような検索結果が表示されました。

タブは一つだけであることに注目してください。

検索結果の上から3番目の「奈良市観光協会サイト」を見たいので、赤枠で囲った部分をクリックします。

検索画面から「奈良市観光協会サイト」のサイト画面となりました。

また、タブ名が「奈良市観光協会サイト」に変わっていることにも注意してください。

このサイトだけを見るだけでいいのならこれでいいのですが、検索画面に他にも見たいサイトがあったとします。

タブの下の  で検索画面に戻り他のサイトを見ればいいというものですが、複数のサイトを見たいとしますと、一々検索画面に戻るのは面倒くさいです。

また、それぞれのサイトを比較するということが難しくなります。

それぞれの画面をタブ画面として独立して表示できれば、タブをクリックするだけで画面を切り替えることができ、比較も楽になります。

では、別のタブ画面として表示させましょう。

一旦、 で検索画面に戻ってください。

そして、同じ「奈良市観光協会サイト」を表示するとして、赤枠部分をクリックしますが、この時、キーボードの [Ctrl] キーを押さえながらクリックしてください。

すると、画面は切り替わっていませんが、タブが2つになりました。

新たに「奈良市観光協会サイト」のタブができているのです。

このまま続けてこの画面で、上から2番めの「奈良県観光[公式サイト] あをによし なら旅ネット」も  [Ctrl] キーを押さえながらクリックします。

タブがまた増えて3つになりました。

このように、検索結果画面で見たいサイトの項目を単純にクリックして見るのではなく、

[Ctrl] キーを押さえながらクリック

していくと、どんどん新しいタブとしてサイトが開いていきます。

それぞれの画面表示は、そのタブをクリックすれば、切り替えて見ることができます。

以上のようにしていけば、サイトの比較検討が楽になりますので大いにタブ表示というものを活用してください。

いくつまでタブを作れるかというと、メモリ容量がある限りとなりますが、通常10や20のタブくらいなら十分に作れますのでご安心を。

ブックマーク

インターネット操作に慣れてくると、毎日のように見るWebサイトが増えてきます。

それらのサイトを見る場合、URLを入力したり、検索してサイト表示をするのは面倒くさいものです。

もっと簡単に目的のサイトを表示できないでしょうか?

それを簡単に行えるようにするのが「ブックマーク」機能です。

ブックマークはサイト名を登録してサイトリストを作り、リストから見たいサイトを選択することでサイト表示ができるようにします。

お気に入りのサイトをブックマークに登録する

例として、本ブログ「ぼのからのお届けモノ」をブックマークに登録してみましょう。

まず、

ぼのからのお届けモノ: https://bonokara.com

にアクセスし、サイトを表示します。

 

画面右上の赤枠部分をクリックしますと、以下のようなChromeメニューが表示されます。

 

「ブックマーク」項目にマウスポインタを重ねます。(クリックではなく持っていくだけ)

すると、さらに左側にサブメニューが表示されます。

「このページをブックマークする…」をクリックしますと、

このような、登録完了のメッセージが出てきます。

「完了」をクリックでこの画面は消え、登録完了です。

簡単にブックマークする方法

以上のブックマーク登録をもっと簡単に行う方法があります。

下図の様に、画面右上をご覧ください。 のマークがあります。

この  をクリックするだけでも同様にブックマークできます。

こちらを使うと、Chromeメニューを出さなくともブックマーク登録ができるのです。

表示されているサイトがブックマークとして登録されると、 は  に変わりますので、登録できたかをこの星マークで確認してください。

他のサイトも同じように、サイトを表示して をクリックすると、ブックマークに追加登録されていきます。

ブックマーク登録したサイトを選択・表示する

ブックマークに登録しても、それが利用できなくては意味がありません。

ブックマークリストから見たいサイトを選択して表示する方法です。

例として、

Yahoo: https://www.yahoo.co.jp
Googleニュース: https://news.google.com/news
MSN Japan: https://www.msn.com

この3サイトが上のやり方で既にブックマーク登録されているとします。

画面右上の  アイコンをクリックしChromeメニューを表示、「ブックマーク」にマウスポインタを重ねます。

左側に出てきたサブメニューをご覧ください。

赤枠で囲んだ部分に3つのサイトが登録されています。

この何れかをクリックすれば、そのサイトが表示されます。

Chromeメニュー表示しないで登録サイトを表示する

Chromeメニュー表示して、登録サイトを選択するには少し手数がいります。

もう少し簡単に選択できる方法です。

画面右上の  アイコンをクリックしChromeメニューを表示、「ブックマーク」にマウスポインタを重ね、左側に出てきたサブメニューをご覧ください。

「ブックマーク バーを表示」という項目があります。

この項目をクリックしますと、以下の画面のように赤枠部分が現れます。

この赤枠部分を「ブックマークバー」と呼んでいます。

ブックマークバーは、サブメニューの「ブックマーク バーを表示」項目をクリックする度に

表示する ⇔ 表示しない

を切り替えることができます。

 

ブックマークバーには、サブメニュー内にあった登録サイトが横並びに表示されています。

ブックマークバーから見たいサイトをクリックすると、そのサイトを表示できます。

こちらの方が便利なのですが、ブックマーク バーの分だけ画面の表示エリアが狭くなります。

もし、少しでも広くしたいのなら、再度メニューの「ブックマーク バーを表示」項目をクリックして非表示にしてください。

ブックマークされたサイトの削除

ブックマークはいくつでも登録できますが、多く登録すると探すのも大変になってきます。

見なくなったブックマークは消して整理していくようにしましょう。

削除は簡単です。

下図の様に、Chromeメニュー及びブックマークバーのどちらからでも消すことができます。

消したいWebサイト名の上で右クリックするとメニューが表示されます。

メニュー内の「削除」を選択すれば、Webサイト名を削除できます。

Chromeメニューから削除

ブックマークバーから削除

まとめ

タブ画面とブックマークの2つの機能を使うだけで、Webサイトを見ていくのが効率よくできるようになります。

最初は少し戸惑うかも分かりませんが、慣れてしまえばネットを見て回るのが楽になると思います。

また、Chrome拡張機能を追加することによりタブ画面及びブックマークの操作をもっと便利にできるようになりますが、こちらの方は別記事でご紹介していく予定です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました