2021/8/20 マーケットプロファイル

日経225先物
225先物(期近) マーケットプロファイル

6日連続安で今年の安値を更新。

引けで27000円はキープできたものの一時は大台割れの場面もあった。

節目27000円まで来たので、来週は一旦反発でしょうか?

ロングを見ます。

 

225先物(期近) ロングプロファイル

均衡を下にブレイクしてきました。

反発したとしても27300円が抵抗ラインとなるのでしょうか?

5週のロングでは分かりづらいので、長期のロングを見ることにします。

 

225先物(期近) 長期ロングプロファイル

昨年、11月始めに24000円ラインを上にブレイク。

そして、1ヶ月間27000円ライン手前での揉み合いとなりました。

コロナ禍の中、ここまでかと思っていたところ、今年に入り27000円をブレイク。

そして、2月中旬の最高値30720円まで駆け上がりました。

以降、今日までジワジワと下げ、とうとう本日27000円まで戻って来ました。

8ヶ月間、ここから下の商いがなく27000円で真空地帯ですが、一旦はこの節目で反発と見るのが妥当なところでしょうか。

しかし、27000円を守りきれないとなると、24000円ラインまでの下げを意識しておく必要がありそうです。

何れにしろ、来週以降27000円を支持として確保できるかどうか見極めなくてはいけないですね。

下値揉み合いが続くのであれば下へのブレイクも覚悟しなくてはいけないかな?

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました