Windows10 Microsoftアカウント認証をPINで手軽に安全に

Windows10

Windows 10では、「PIN」を使ってサインインすることが推奨されています。

ここでは、「PIN」とは何か?、「PIN」の設定方法を説明します。

PINとは?

PINとは、Personal Identification Number の略で、個人認証などに用いる番号のことです。

意味合い的には、ほぼ暗証番号と同じと考えればいいでしょう。

Windows10では、従来のパスワードでのサインインに代わり、PINによるサインインが推奨されるようになりました。

PINは、4桁以上の数字で設定します。

パソコン起動時のパスワード入力の代わりに、このPIN番号を入力するのです。

長いパスワードを入力しなくて済み、覚えておくのも楽なので手軽にサインインできるというメリットがあります。

また、下記するようにセキュリティ面でもパスワード入力よりも安全です。

4桁のPINで安全なのか?

単純に考えれば、4桁の数字よりも複雑な文字の組合せのパスワードの方が安全です。

しかし、複雑なパスワードは、不正アクセスを試みる第三者がパスワードを推測しようとした場合にその複雑さが生きてくるだけです。

問題は、そのパスワードがどこに保存されているかです。

つまり、パスワードの認証先がどこか? ということです。

Microsoftアカウントのパスワードは、ネットを介してのサーバー内にあり、そのパスワードに一致すれば認証ができたことになります。

また、Microsoftアカウントはインターネットに接続できる端末であれば、どの端末からでも利用できます。

もし、何らかの原因(のぞき見やハッキング)でMicrosoftアカウントのパスワードが漏れた場合、パスワードを入手した第三者がサインインできることになります。

ですので、複雑なパスワードも漏れてしまえば何の意味もありません。

一方、Microsoftではアカウントの不正使用を防止する「2段階認証」というものがあります。

しかし、2段階認証はセキュリティ面は強固であっても、使うのが面倒臭いのであまり使いたくはありません。

PINの登場

PINは、Microsoftアカウントパスワードの様にネット上のサーバーに保存されるわけではなく、自分が使用しているパソコン内に保存されるようになっています。

もし、PIN番号が漏れたとしても認証先が自分のパソコンでしかないので、他のパソコンからはサインインできないのです。

ここで勘違いしないでほしいことは、PIN番号はMicrosoftアカウントパスワードに代わるものではないということです。

PIN番号がMicrosoftアカウントパスワードに紐付けられているだけです。

PINを入力し、パソコンに保存されているPINと一致すれば、それに対応するMicrosoftアカウントパスワードが自動的に送られると考えればいいでしょう。

直接、Microsoftアカウントパスワードを入力しなくていいので漏洩を防ぐことができるのです。

もし、Microsoftサーバー内に登録されているMicrosoftアカウントが盗まれた場合はどうにもなりません。

PINを設定しましょう!

以下の手順でPINを設定できます。

1.Windows画面左下の  をクリックし、Windowsメニューを表示します。

2.メニュー左下側にある  をクリックし、設定画面を表示します。

3.設定画面の「アカウント」をクリックします。

 

4.表示された「ユーザーの情報」画面で、「サインインオプション」をクリックします。

 

5.現在サインイン中のMicrosoftアカウントパスワードを入力し、画面右下の「サインイン」をクリックします。

 

6.「新しいPIN」にPINとして設定する4桁以上の番号入力し、同じ番号を「PINの確認」に入力、「OK」をクリックします。

尚、下図のようにPIN番号設定時に赤枠のようなマークが出てきます。

このマークをクリックしますと、「●●●」で隠されている入力した数字を表示して確認することができます。

 

7.「サインイン オプション」の画面に戻り、PINの設定は完了です。

 

PINの設定ができたら、パソコンを再起動してください。

サインインのパスワード入力項目に「PIN」と表示されます。

設定したPINを入力するだけで、[Enter]キーを押さなくともパソコンが起動します。

以降、パソコン起動時はこれまでのパスワード入力に代わり、PIN入力で起動できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました