URLパラメータ PHPで受け取る方法

Web開発

先日からWebサイトを勉強しながら作成しているのですが、いろんな知識を必要とするため、しばらくは調べたこと・テストしたことの備忘録が続きます。

今回は、PHP で受信するPHPパラメータに関しての記録です。

URLとは?

http://localhost/test.php ← これが、URLです。

URLとは、Webサイトのアドレス(住所)のことですね。

URLをブラウザのアドレスバーに入力し、リクエストすることにより、その指定されたWebページなどがサーバーから送られてきます。

URLは、どのような方法(http)で、どこにある(localhost)、何というファイル(test.php)を送ってもらうか指定します。

尚、どこにある 部分は、サーバーによってホスト名が違いますのでそれに合わせてください。

ここでは、XAMPP を用いて作られた自分のパソコン内のサーバーを使うことを前提に URL を書いています。

URLの省略形式

https://bonokara.com/ ← これは、本ブログのURLですが、

どのような方法(https)で、どこにある(bonokara.com)までは書かれていますが、何というファイルの部分は省略されています。

しかし、省略されていはいますが、何らかのファイルの内容が送られてきます。

これは、サーバー側に省略したURLでリクエストがあった場合、何という名前のファイルを送り返すか設定されていますので、その設定に従ってファイルが送り返されます。

URLパラメータ

URLには、さらに何というファイルかの後ろに「?」を付け、以下のような設定をする場合があります。

  1. http://localhost/test.php?id=12
  2. http://localhost/test.php?id=99&name=abc

この「?」以下の部分を URLパラメータ(変数)と呼んでいます。

URLパラメータとは、リクエストしているファイルに渡してあげるデータのことです。

http://localhost/test.php?key名=値&key名=値&key名=値&key名=値・・・

という書式となります。

渡したい値を「?」の後ろに「key名=値」のようにセットします。

渡したい値が複数の場合は、「&」を区切り文字として、「key名=値」を必要な個数分書きます。

呼び出されたファイルは、このデータを内部に取り込み、そのデータを使って何らかの処理をします。

そして、その結果を含めて処理した内容がクライアント側(ブラウザ)に送られます。

URLパラメータを受け取る処理

以下、具体的にアクセスされた PHP ファイルでのURLパラメータの受け取り方を説明します。

↑が test.php の内容とします。

1つのURLパラメータを取り込み、それを表示するという最小限の処理をしています。

http://localhost/test.php?id=12 とリクエストされた時の test.php 内での処理として、

$id = $_GET[‘id’];

の行で「id=12」で指定された 12 を$id に取り込んでいます。

echo $id;

で、表示ですね。

エラー処理を加える

上の処理では、値が入っていなかったり、上手く渡っていなかった場合エラーが起こるので、エラー処理も行うようにすると以下のようになります。

このようにエラー処理をするのが、従来の方式です。

エラー処理のコードを短くする

上のエラー処理部分は、

このように1行で書いても同等のエラー処理を行うことができます。

こちらの方が視認性も良いので、このように書いて取り込む方が良いです。

複数個のURLパラメータの受け取り方

http://localhost/test.php?id=99&name=abc ← のような、URLパラメータを複数個設定してあるリクエストがあった場合、

↑のように、

変数名 = filter_input(INPUT_GET, ‘key名’);

を取り込む順に書けばOKです。

一応、以上で PHP でのURLパラメータ取り込み処理は問題ないかと思います。

詳細は、多くの PHP の解説サイトがありますのでググってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました