アカウントって何?

インターネット

インターネットを使っていく中に アカウント という言葉がよく出てきます。

パソコン初心者の皆さんにとっては、最初はよく分からない用語ですね。

分かってしまえば大したことではないのですが。

アカウント?

アカウントとは、

インターネット上の様々なサービスを使用したり、コンピュータにログインするための権利(使用権)のこと。

というように、多くの説明サイトには書かれています。

しかし、この「権利」という言葉が、何か難しそうなイメージを与え、具体的にどういうことか分からない人が多いのです。

もう少し、簡単に説明します。

インターネットでのサービスは、そのWebサイトに行くとすぐにサービスが利用できるサイトと、サービスを利用するには、何らかの認証をしなくては使えないサイトがあります。

殆どの認証を必要とするサービスサイトでは、

「ユーザー名」と「パスワード」

この2つを入力すれば、利用可能となります。

サービスを使うことが認証されるわけです。

アカウントとは、サービスを利用するために必要とする「ユーザー名」と「パスワード」のことだと考えればいいでしょう。

パソコンでも起動する時に、「ユーザー名」と「パスワード」を入力しますが、これもアカウント認証の一つです。

何故、アカウントが必要なのか?

パソコンを使用する場合、そのパソコンを一人で使用するのならいいのですが、複数の人が使用するとなると、他人に使われたくないデータを保護する必要があります。

また、人によって画面デザインやアイコンの配置なども違います。

それらプライベートなデータや画面構成などを切り替えるためにアカウントを入力します。

つまり、アカウント(ユーザー名とパスワード)で、個人個人のデータを守っているわけです。

インターネットでのサービスも考え方は同様です。

インターネットはたくさんの人が利用しています。

例えば、物販サイトなどでは、氏名、住所やクレジットカード番号などを登録していますのでアカウント認証しなければ、他の人にクレジットを使われる可能性があるからです。

また、サービスサイトで作成・保存したデータを、他の人が取り扱えないようにするために、アカウント(ユーザー名とパスワード)でセキュリティを確保するようにしているのです。

アカウントの作成

アカウントを必要とするサービスサイトは、最初にそのサイトへ行った時に、アカウントを作成します。

基本的には「ユーザー名」と「パスワード」の登録をするだけですが、氏名や住所、電話番号なども一緒に登録しなければいけないサイトもあります。

また、「ユーザー名」の代わりに「メールアドレス」を登録する場合もあります。

以降、そのサイトを利用する時は、登録した「ユーザー名(メールアドレス)」と「パスワード」を入力すれば使用できるようになります。

これが、アカウント認証です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました