Windows 画面を残しておきたい!

Windows

パソコン画面を見ていて、画面全体または一部を保存しておきたい場合があります。

画面を残すことができれば、

  • 設定はどうしていたか?
  • ウィンドウをどのように配置していたか?
  • どんなアイコンをどの順に置いていたか?

などが後から確認でき、新パソコンに旧パソコンの環境を再現する時やパソコンがトラブって再設定する時に重宝します。

また、Webサイトの必要部分や写真・動画を残したいという場合もあるでしょう。

何れにしろ画面内容を残すことができれば、何かと便利です。

WordやExcelなどアプリを使って作成したものは、メニューから「ファイル」→「名前をつけて保存」で保存できます。

保存したものはそのアプリから開けば、印刷も編集も自由自在です。

ここでは、このような保存するメニュー項目がない場合や一部だけを保存したい場合にどのようにするかを説明します。

ディスプレイ画面の保存

ディスプレイの表示全体または一部分を取り込んだ画像を「スクリーンショット(スクショ)」または「スクリーンキャプチャ」といいます。

Windowsでは、スクリーンショットを撮る方法として次の2つがあります。

[Print Screen] 画面全体
[Alt + Print Screen] 現在のアクティブウィンドウ

どちらかのショートカットキーで、それぞれの画像をクリップボードに取り込むことができます。

しかし、このショートカットキーを押しただけでは保存されません。

クリップボードというメモリ領域に記憶しただけです。

保存するには画像を取り扱うことができるアプリ(ペイントやPhotoshopなど)を利用する必要があります。

ペイントを使うとすると、Windowsスタートメニューから「W」→「Windows アクセサリ」→「ペイント」を起動します。

そして、クリップボードに記憶されている画像を「貼り付け」または Ctrl + V で貼り付け、保存します。

画面の一部を保存したい場合は、トリミングしてから保存してください。

画面に表示されているものは、この方法でほぼ何でも画像として取り込むことができます。

しかし、[Print Screen]キーを使った場合、スクリーンショットを保存するには別にソフトが必要ですし、一部分だけが欲しい場合は加工する必要があります。

これらを1つのソフトで行うことができるスクリーンショット専用のソフトがあります。

私が使っているソフトは、ScreenpressoWinshot の2つです。


Winshot
は、フリーソフトで簡単に必要な部分だけを保存できます。

古いソフトですが、Windows10でも問題なく使用できます。

Screenpresso は有償になりますが様々な機能があります。(機能限定で無償で使えます。)

スクリーンショットを撮る機能だけでなく、スクリーン操作を動画で録画することもできます。

また撮ったスクリーンショットは、編集画面で様々な加工ができます。

これらを使うと、[Print Screen]キー を使うことはまずありません。(Screenpresso では、[Print Screen]キーが Screenpresso での取り込み用のキーとなります。)

追記

この記事を投稿した後、Windows10 で他に使えるスクリーンショット機能がないか調べてみました。

すると、[Print Screen]/[Alt + Print Screen]以外でもっと便利に使える機能が追加されていました。

別記事にしましたので、

続・Windows 画面を残しておきたい!

を御覧ください。

Webページの保存

Webブラウザに表示されたサイトの保存には、いくつかの方法があります。

html ファイルとして保存

サーバーからブラウザに送られる html 形式データをそのまま保存します。

ただ、どのブラウザを使うかによって保存方法が異なります。

Microsoft Edge
以前の Edge では保存できましたが、現在の Edge では簡単に保存できません。
他のブラウザを使いましょう。

Microsoft Internet Explorer
「Ctrl + S」 または、メニューから「ファイル」→「名前をつけて保存」で保存です。

Google Chrome
「Ctrl + S」 または、右上のメニューアイコンから「その他のツール」→「名前を付けてページを保存」です。

Firefox
「Ctrl + S」 または、右上のメニューアイコンから「名前を付けてページを保存」です。

見ているページ全体が保存されますので、見えていない部分も含めて最後まで保存されます。

但し、ページ単位ですので、同じサイトであってもページが変われば(URLが変わる)その度に保存する必要があります。

一度にサイト全体を保存することはできません。

URLを保存しておく

そもそもWebサイトは、それぞれのサーバーに保存されていますので自分のパソコンに保存する必要はありません。

サイトページのURLさえあれば、そのURLをブラウザで指定すれば表示できます。

ですので、サイトのURLを保存しておけばいいことです。

Excelなど表計算ソフトでサイトタイトルとURLを保存しておくと検索もできますので便利です。

しかし、サーバーがトラブったり、そのサイト自身が閉鎖したりすると見たくとも見れなくなってしまう場合があります。

それでは困るというページは、「html ファイルとして保存」しておくといつでも見ることができます。

画像として保存

Webページも画面に表示されているものですから、[Print Screen]キーでスクリーンショットを撮ることができます。

しかし、Webページをスクリーンショットで保存した場合、欠点があります。

文字としての認識ができない

取り込んだ画像内の文字は読むことはできますが、文字としてコピーしワープロ文書などに貼り付けられません。

また、文字の訂正もできません。

対処方法は、下の「文字を保存」を御覧ください。

長いページは1つのファイルとして保存できない

スクリーンショットは、表示されている画面単位でしか保存できません。

スクロールして見なくてはいけないような長いページの場合、全体を保存しようとすると何枚にも分けなくてはなりません。

何枚にも分けた画像を1枚にするには、Photoshopなどでつなぎ合わせればいいことですが面倒くさいです。

しかし、ブラウザにはスクリーンショット機能が用意されていますので、[Print Screen]キーを使わずともスクショ画像の保存ができます。

Internet Explorerにはありませんが、その他のブラウザではほぼ対応しています。

Chromeは拡張機能で対応できます。

Firefoxでは、右クリックメニューに「スクリーンショットを撮る」というのがあります。

これは、範囲をドラッグして決めてスクリーンショットを撮るという機能ですので残しておきたい部分を保存できます。

長いページ全体も下に下にと範囲設定をドラッグしていけば何とか取り込めますが、ちょっとしんどいです。

また、拡張機能も使えます。

EdgeはWebノート機能を使えば、Firefoxのようにドラッグして範囲設定で取り込めます。

また、Edgeの他のブラウザにない機能として、ページにコメントを入れたり、蛍光ペンマークが使えます。

スクリーンショットを撮るなら、Vivaldiがいいです!

ページ全体、一部分両方とも簡単に取り込むことができます。

Vivaldiは、軽くて便利な機能を持っているブラウザです。

Chrome拡張機能をそのまま使えるところもGoodです。

私は、ChromeをメインとしてFirefox、Vivaldiをサブとして使っています。

また、別の方法として、上に書きましたスクリーンショット用のソフトを使います。

Screenpresso なら長いページを自動スクロールして、1枚の画像として保存できます。

 

文字を保存

Webページを画像として保存した場合、その中の文章をコピー・訂正して使うことはできません。

画像から必要な文字を取り出すにはOCRソフトを使う必要があります。

文字が必要ならブラウザに表示されたページからコピーできます。

ですので、Webページを画像として保存するのではなく、html ファイルとして保存、もしくは URL を保存しておけばいいでしょう。

但し、文字の選択ができないようにしているサイトもありますのでこの場合はできません。

写真の保存

Webページ内の写真を保存しておきたい場合は、写真にマウスポインタを重ね、右クリックメニューの「名前を付けて画像を保存」で1枚ずつ保存できます。

但し、右クリックメニューが出てこないようにしているサイトもあります。

こんな場合は、上で説明したスクリーンショットを使いましょう。

写真を含めたページを取り込み、写真だけを切り取ればいいことです。

または、写真部分だけを範囲指定して取り込めばOkです。

しかし、ページ内にある全ての写真を保存したい場合、1枚ずつでは大変です。

ネットで探せばいろいろあるもので、一度に取り込める拡張機能があります。

Internet Explorerでは拡張機能は使えません。

Edgeも拡張機能はまだ多くは揃っていません。

拡張機能を使うなら、Chrome・Firefox・Vivaldi の何れかです。

「Chrome 画像の保存 拡張機能」のようなキーワードで検索して下さい。

音楽の保存

みなさんやりたいでしょうね。

しかし、これはどのブラウザも対応していません。

方法はあります。

原始的な方法としては、音楽を再生しスピーカーから流れてくる音を市販の音声レコーダで録音するのです。

これならどんな音でも保存できます。

言わば、音のスクリーンショットです。

面倒臭いし、周りの音も一緒に録音されたり、音声レコーダそのものが必要ですし、大変です。

パソコンには便利なソフトがあります。

録音するためのソフトです。

フリーソフトでいくつかありますので、ネットで探してみて下さい。

これならパソコンから流れている音だけを簡単に録音できます。

もしかすると音を取り込むための拡張機能があるかもです。

動画の保存

動画も保存したい人は多くいるでしょう。

画面上での動作を保存できるソフトがありますので、それを使うと画面で映し出されている動画もそのまま取り込めます。

しかし、動画はデータが大きいのでスペックの高いパソコンでないとちょっとしんどいです。

簡単に動画を取り込むには直接動画を取り込めるフリーソフト、拡張機能を使います。

検索すれば簡単に探せますので、いろいろ使って試して下さい。

最後に

Webサイトだけでなく、デザイン・文章・写真・音楽・動画などには著作権が存在します。

上の方法を使うと、どれも一応保存できますが著作権のことは念頭に置いておく必要があります。

ブラウザに保存できる機能があるということは、保存は認めているということです。

保存は良しとして、結局はどのように利用されるかでしょうか?

難しい問題ですので、議論しだしたらキリがありませんね。

何れにしろ、保存したものは自分の責任で悪用しないようにして下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました